読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヒビノログ

個人的なメモを淡々と記録していくブログ。最近はLaravelやスマートフォンの話題など。

スクラムを活用したアジャイルなプロダクト管理

プロダクトオーナー目線からのスクラムについての解説本。 内容が簡潔であっという間に読めてしまいます。

アジャイルとかスクラムについて一通りわかったつもりだけど、じゃあ実際にどうすれば?」というようなプロダクトオーナーが読むとドンピシャの内容では、と思う。POとしての「考え方」に焦点を当てた内容になっているので、いろいろなプロジェクトに幅広く応用できるヒントが詰まっている。 反面、これをやればどんなプロジェクトでもOKというような手法は紹介されていない。「え、載ってないの?」と言うかもしれないけど、そもそもすべてのプロジェクトが必ずうまく行く手法なんてものは無く、それはWFでもアジャイルでも同じこと。ただ、書籍の中で著者のローマン・ピヒラーさんは「チームと共働せよ」と繰り返し言っている。少なくともPOはプロジェクトの最初に要件を出したら後は進捗の管理と成果の確認だけすればいい、というような存在ではないということ。常に、開発チームと向き合い、プロジェクトが進む中で発生する問題点と向き合い、顧客のフィードバックと向き合う。そして、それをそのまま聞き入れたり盛り込んだりするのではなく、自らも含め、ともに考えながら、プロジェクトを進めていくことが大事。

この書籍の特徴としてもう一つ、各章に出てくる「よくある間違い」という項がよくできている。 「ビジョンが無い」「POが働き過ぎ」「POが遠隔地にいる」「大きいことは美しい(という勘違い)」「チームに要件を押し付ける」「受け身である」「ビックバンリリース(をしたがる)」「持続不可能なペース(を要求する)」など、(アジャイルに関係なく)よく見かける話が著者本人の実体験やアドバイスも交えて書かれていて、わかりやすく、参考になる。

[asin: 4864010978:detail]