読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヒビノログ

個人的なメモを淡々と記録していくブログ。最近はLaravelやスマートフォンの話題など。

Macbook Air と Panasonic SC-SX950 を bluetooth で使う

Apple
最近、PanasonicのD-dock SC-SX950を購入した。
後継機種が発売されて、4万を切る値段になってたので。

SC-SX950はBluetoothが付いているので、
MacBook AiriTunesを再生してSC-SX950で聴く、ということができる。

ということで、設定。
まず、D-dock側をBluetooth機器の接続待ちにする。
これはD-dockのマニュアルを参考に。

次にMBA側で、Bluetoothメニューから「デバイスをブラウズ」すると、
「SC-SX950」が表示されるので、「このデバイスを記憶」させる。
そうすると、D-dock側にMacBook Airのマシン名が表示されて、
ペアリングは完了。

で、MBA側でiTunesを再生し、Bluetoothメニューから
「SC-SX950」「ヘッドフォンを使用」をすればSC-SX950から音が出る、
はずなんだけど、なぜか1回目の接続はうまく行かず、
SC-SX950はこの用途には使えません的なメッセージが出た。

いったん無効にして、再度「ヘッドフォンを使用」してやったら
SC-SX950から音が出るようになった。

MBA側の音量は最大にした状態で、D-dock側で調節した方がいいと思う。

ちなみに、MBAを閉じた状態(スリープ)にすると接続は切れる。
再度MBAを開いたが、接続は復旧してくれなかった。
しばらくして、iTunesが固まって、さらにOSが落ちた(苦笑)
リッドクローズドモードなら使えるのかもしれないけど、
MBAでそれをやる方法は知らない。

あと、QuickTimeで動画再生して、音声を飛ばしてみたら、
こちらもOSが落ちました。こっちはまた別の原因かなぁ。
ま、iTunes使用時の外部スピーカとしてのみ使おうと思います。
MBAはスピーカがモノラルなので、これができるだけで十分。